会社設立

日本での販売を次のレベルに引き上げるために

COVUEは、日本での法人設立を希望する外国企業に対し、日本法人設立のためのターンキーソリューションを提供します。

私たちのサービスは、すべてのプロセスを安全、安心、そして完全に準拠させるように設計されています。私たちのサポートはセットアップで終わりではありません。会社の代表者、輸入コンプライアンス、ブッキングキーピング、税務コンプライアンスなどの継続的なサポートを提供します。

日本でビジネスを立ち上げるには、4つの選択肢があります。

駐在員事務所

駐在員事務所は、法務局への登録や税務申告が不要です。また、市場調査やPRなどの機能のみが認められており、営業活動はできません。また、銀行口座の開設やテナント契約の締結もできません。

日本支社

支店では、営業活動を行うことができます。これは、日本で法人を設立するよりも簡単な選択肢と考えられています。

日本法人

これは、株式会社(KK)または合同会社(LLC)のいずれかの形で行われます。 株式会社は最も一般的な形態であり、信頼性と社会的地位を得ることができます。LLCはあまり認知されていませんが、AppleやWalmartなどの大規模な外資系企業を含め、設立数は急速に増加しています。 LLCの場合、株主と経営者が分離されていないため、利益の分配など経営の自由度が高いというメリットがあります。 合同会社を設立するには、日本に居住する取締役が最低1名必要です。LLCを設立するには、日本に居住する代表社員の印鑑証明書が必要となります。

有限責任事業組合(LLP

LLPは、2人以上の個人・法人が有限責任事業組合契約を締結し、合意された出資金を支払い、法務局で登記することで成立します。LLPのメンバーのうち、少なくとも1名は日本に居住していなければなりません。LLPを株式会社に変更することはできません。また、LLPは規制された事業分野で必要とされるライセンス/承認の申請者となる権限もありません。
代表取締役
銀行口座の設定
年次税務報告
日本法人の取引に関する月次帳簿管理
消費税の申告・納付
日本の税関輸入登録

COVUE
が提供するものは?

高度な知識を持つプロのビジネス・コンサルティング・ファームの支援なしに、外国企業が国内で事業を立ち上げるのは難しいでしょう。

私たちの専門知識、経験、リソースを駆使して、日本でのビジネス設立のためのあらゆるステップを全面的にサポートすることができます。

あなたは正しい場所にいます!

私たちは、最高レベルのプロ意識を持って、お客様の期待に応える最も効率的かつ効果的な方法で、リーズナブルな価格でサービスを提供することを保証します。私たちは、お客様の要求を完全かつ迅速に満たすためのサービスを提供します。